" />

動物福祉 犬との暮らし方

犬のしつけと虐待の違い 大事なのは動物福祉の向上

犬を迎えたらしつけをしなければいけないと考え取り組む飼い主さんは多く、それ自体は大変素晴らしいことだと思います。

しかし、ここで多くの人が勘違いしてしまいがちなのがしつけとは従わせ我慢させることだと考えてしまっていることです。

犬をしつけることと従わせる・我慢させることではありません。

しつけという言葉の意味を誤解していると、しつけではなく虐待になってしまっていることもしばしばあります。

そもそもしつけとは犬が困らないように手助けをすること。

それは犬にとっての不快を取り除き快が増えるようにサポートし、それにより人間にとっての犬の困った行動が減り人間にとって望ましいとされる行動が増え、結果として「しつけのできた犬」という人間が良いと評価する状態になります。

そして、勘違いしてはいけないのが「しつけ」といわれるドッグトレーニングの目的は犬を支配することではないということです。

しつけ・ドッグトレーニングとはすなわち動物福祉の向上を目的としています。

しつけ・ドッグトレーニングが動物福祉の向上を目的としたツールなのであれば、おのずと動物福祉に反した方法は選択しないということになります。

これが犬のしつけと言われているもので問題となっている、しつけと虐待の大きな違いです。

犬のしつけと虐待の違いを見極めそれに気づくためにはどこに着目し考えていけばいいのかについて少しお話しします。

なぜ犬をしつける必要があるのかを考える

そもそもなぜ犬をしつける必要があるのでしょう?

こうした質問をするとほとんどの場合「他人に迷惑をかけないため」という答えが返ってくると思います。

確かにそれは間違いではないのですが、他人に迷惑をかけないためということだけに意識を置いてしまうと、どうしても人はどうにかして犬をコントロールしなければという考えに陥りがちです。

対象が犬に限らず何かをコントロールしようという考えになると、その目的のために攻撃的な思考や行動になりやすくなります。

その結果、無意識のうちに虐待をしてしまっていたり虐待であることに気づかずアドバイスしているケースは少なくありません。

しつけが必要な理由が「他人に迷惑をかけないため」なのであれば、他人の迷惑にならない行動を犬に教え学習してもらえばいいだけです。

決してその方法として体罰(肉体的・精神的両方を含む)を使う必要はありませんし、学習して成長してほしいのならなおのこと萎縮するような経験させるべきではありません。

誰しもこのような経験はありませんか?

自分にとってわかりやすく丁寧でそれでいて優しいアプローチで教えてもらえる環境であれば、学習自体が楽しくなったり理解が早くできたり、それを実行するときに十分な力を発揮することができる。

それとは逆にできなければ叱られるなど厳しい対応を取られてしまうと萎縮してしまう、またはとにかくその状況から早く抜け出せないかを考えてしまう。そしてリラックスしている状況だとできることができなくなったり、ミスを連発してしまうなど十分な力を発揮できずまた怒られる…といった悪循環です。

犬のしつけもこれと同じで本当に学習して成長し望ましい行動や振る舞いができるようになってほしいのであれば、叱る厳しくするといったことをするのではなく優しく犬が理解しやすい方法で接さなければなりません。

しつけされた犬とは見えている結果にすぎない

「しつけの入った犬」「しつけを入れる必要がある」という言葉がありますが、しつけとは一方的に入れていく作業ではありません。

しつけを行なう対象は心を持った生き物ですので、しつけを入れるというような一方的に作業を施して望む形に完成させるというものではないと考えます。

それでも「しつけが入った犬」「しつけを入れる」といった表現になるのは、もしかしたら望ましい姿を作り上げるといったような作品のようなイメージがあるからではないでしょうか。

そうでなかったとしても、しつけを入れるという表現は喜怒哀楽といった感情を持ち意思をもった動物に対して不適切だと思うのです。

しつけがされた犬というのは単純に人間が望むおりこうと言われる姿を示している犬を指しているに過ぎず、そのために叱る必要も厳しくする必要もありません。

いまだに「時には叱る必要も厳しくする必要もある」といった声を一般の飼い主さんに限らずプロの世界からも聞くことがありますが、なぜその必要があるのかというと「やってはいけないことを理解させるため」という答えが返ってきます。

しかし、着目してほしいのは「しつけのされた犬という人間が望む行動や立ち振舞ができる犬」になってもらうことですよね?

であれば人間も犬も楽しくゲームの一環として行われる方法でいわゆる「しつけのされた犬」という形ができれば、別に「やってはいけないことを理解させる」というのは必要ないと思いませんか?

そもそも、やってはいけないことと言うのは人間目線であり犬にとってはそんなことは関係ありませんし、犬にとってはすべての行動が正解つまり当たり前の行動なのです。

例えば私たち日本人はお箸を使ってご飯を食べますしそれが当たり前であり常識であり、おはしを使えることがしつけのひとつとされています。

しかし、ネパールやインドといった国では「食事は神から与えられた神聖なものという考えから手で直接食べることが最も清浄である」という考えでそうした振る舞いがしつけのひとつです。

もしあなたがそうした異なった文化をもつ国に足を踏み入れたとき、手で食べることを強要されるのと「あなたにとって当たり前の方法で食べてもいいですよ」とお箸やフォークなどを渡されるのとではどちらがあなたらしく過ごせそうですか?

手で直接食べる国の人たちからしたらお箸で食べるといったことは当たり前ではありませんし、むしろ不正解にあたるかもしれません。

ここでは例えとして国による文化の違いを出しましたが、同じ人間同士でもこれだけの違いがあるのです。

これが犬と人間という全く異なる動物ともなれば、さまざまなところでなぜこんなことをするのかという理解しにくい行動が出るのは当然でしょう。

動物が違うのだからそもそも「やってはいけないことをわからせる」なんてのがナンセンスです。

そうではなく、一緒に共有できるゲームを提供し結果として人間が望む行動や立ち振舞ができるように楽しくサポートするといった考えや方法のほうがずっといいと思いませんか?

犬のしつけは結果ではなくプロセスを重んじよう

犬のしつけにおいて「やってはいけないことNOを理解させる」という考えと方法でいると、それを伝えるために不快を与えるという方法になってしまうものです。つまり「叱る」という行動ですね。

しかし、叱ることで叱られる側に起こるのは防御反応による闘争・逃走です。そこには問題解決のための学習ではなく「叱られている事による不快から逃れるためにどうしたらいいのか」という叱る側の本来の目的とは異なった対処法です。

叱ることで「やってはいけないんだ、じゃあこうしよう」という望ましい行動の学習を期待しているはずが、実際叱られる側に起こっているのはそうした不快からどうやって逃れるかです。

そして不快から逃れるためには闘争か逃走の2択しかありませんから、犬は怯えたような様子でおとなしくなるかもしリーシュ(リード)を装着されていなければその場から逃げるか。または身を守るために唸り噛みつき攻撃をしてくる闘争を選択するでしょう。

怯えた様子でおとなしくなればそれを見た人間は「理解して従ったのだ」と捉えるかもしれませんが、それは単純に叱られるとう恐怖などの不快から逃れるために逃走しているだけです。

また、逃走ではなく闘争を示した場合は「人間を舐めている、上下関係がまだわかっていない」といったラベルを貼りより厳しい罰を与えることになります。

こうしたプロセスを経て人間から見た「しつけのされた犬」という姿になった子は幸せと言えるでしょうか?

最初にしつけ・ドッグトレーニングとは動物福祉の向上を目的としたツールだとお話ししましたが、こうした方法は果たして動物福祉に則っているといえるでしょうか?

むしろこうした方法は動物福祉を逸脱し犬のQOLを低下させています。罰を与えられることによって肉体的にも精神的にも傷つき、それから逃れることができないと学習した犬は「学習性無力感」という鬱状態。

見た目は「しつけのされた犬」として人間は喜ぶかも知れませんが、それはしつけでもドッグトレーニングでもなくただの虐待です。

犬をしつけて他人に迷惑をかけないようにしたいのなら、犬をうつ状態にして支配するのではなくぜひ人間も犬も楽しい方法で取り組んでほしいです。

その方法であれば犬にやってはいけないことではなく「どうすれば嬉しい・楽しいことが得られるか」ということを犬自身が考えどんどん学習してくれます。

  • ある行動をしたらおいしいものがもらえる、だからもっとこの行動をしよう。
  • ある物を見つけたら嬉しいことが起こった。だからあれは別に悪いものじゃないんだ。
  • この場所に来ておすわりしたりフセをしていたらなでなでしてもらえる。だからここではこうしよう。

こうしたポジティブなプロセスによって人間にとっての「しつけのされた犬」という目的を達成できますし、当然そのプロセスは犬にとっても人にとってもポジティブなものですのでQOLを低下させることはありません。

もちろん、目的を達成することで犬自身が自発的な行動によってさまざまなことを学習し社会化が起こっているので、QOLの向上という目的も同時に達成されていることになります。

そのしつけは人道的かつ動物福祉に則っているか

犬のしつけ・ドッグトレーニングというのは犬のQOLの向上を目的としたツールです。

つまり、その方法として人道的であり動物福祉に則っているというのは大前提の基本のキでそこは絶対にブレてはいけません。

叱る必要があるときには厳しくする必要があるというのは、その時点で動物福祉に反しています。

  • しつけとは犬にとっての不快が快になるように人間が手助けし、望ましいとされる行動や立ち振舞ができるようにサポートすること。
  • 虐待とは犬を支配しコントロールしようとすること。その手法として使われる犬に不快(痛みや恐怖など)を与える行動。

しつけと虐待は根本的に違うものです。しつけだから虐待も許される必要だということは決してありません。

しつけをするのであれば犬と人の双方が楽しく穏やかである方法でぜひ取り組んでください。

よく読まれている記事

-動物福祉, 犬との暮らし方