" />

トリミング

犬のトリミングの頻度は1ヶ月に1〜2回

犬を迎えたら必須になるお手入れですが、トリミングサロンやトリミング併設の動物病院にお願いする場合は最低でも1ヶ月に1回はお願いするようにしましょう。

まなこ

ええ?!1ヶ月に1回でいいんじゃないの?

最低でもってもっと連れて行かないといけないの?!

犬種にもよるけど長毛の子なら1ヶ月に2回はできれば利用してほしいかな。

短毛種でも柴犬みたいな抜け毛の多い犬種でも、1ヶ月に1回よりは2週間に1回程度の方が抜け毛に困りにくくなるし。

とりむ

この記事を読むと愛犬のトリミング頻度の目安がわかります。

もし愛犬のトリミング頻度はどれくらいがいいのかお悩みであれば、ぜひ参考にしてみてください。

ただし、ここでお話ししているのはあくまでも皮膚の状態や健康状態に異常がない場合に限った内容ですので、愛犬の状態によってはトリミング自体ができないことや、医薬品シャンプーでの薬浴ではもっと頻回になるなどの特別な場合を覗いておりますことをご承知くださいませ。

犬のトリミング頻度は1ヶ月に2回くらいだといろいろ楽になる

犬を迎えたら必要になるお世話の一つがトリミングです。

厳密には犬のお手入れ全般をグルーミング、そしてそのグルーミングのなかの一つの作業がトリミング(カットすること)なのですが、一般的には総合してトリミングと言われているのでそトリミングと言います。

では、そのトリミングに連れて行く頻度ですが多くの場合、月に1回はトリミングに連れてくるようお願いするところがほとんどです。

というのも犬の被毛や爪は1ヶ月で約1cmは伸びるので、犬が生活をしやすい状態を保つことを考えると月に1回はトリマーにお願いすることが望ましいと思います。

ただし、もし迎えた犬種がカット犬種(被毛が長くカットが必要な犬種)であれば月に2回の頻度でトリミングに連れて行ってもらえると、毛もつれや毛玉といった被毛のトラブルをより一層軽減・予防しやすくなります。

また、柴犬のような短毛種でも月に2回の頻度で利用すると抜け毛が軽減できるので(シャンプーとブラッシングの物理的アプローチ)、月に2回のトリミングというのはメリットが大きいように思います。

もちろんここで使用するシャンプー剤の選択や皮膚の保湿剤の使用など、皮膚・被毛のケアとして考慮しなければならないものもあるため、ある程度知識を持ったトリマーさんと相談してご家庭にとってのベストを決めていただけたら幸いです。

短毛種はトリミングの必要はないの意味

ときどき「この犬種はトリミングが必要ないと言われたからシャンプーをしたことがない」といったことを言われることがあります。

恐らくそれを伝えたスタッフは「カット犬種ではないためカットをする必要はないですよ」ということが言いたかったのかも知れませんが、一般的にトリミングというのはカットという限定的なものではなくシャンプーや爪切りなどすべてのお手入れのことと認識されていると思うのです。

そのため、「トリミングは必要ない犬種」と伝えてしまうとシャンプーなど必要ない犬種なんだと誤解されてしまいかねないので(実際誤解されているケースは多いです)お伝えする際は全身をカットする必要のない犬種なのでシャンプーコースの利用をおすすめします、と噛み砕いてお伝えしてほしいなと思います。

また、この記事を読まれている飼い主さんはもしトリミングが必要のない犬種だと言われたときには「全身カットが必要のない犬種なんだな」という認識でいていただき、もしそうした犬種だとしても定期的なシャンプーやブラッシング、爪切りや耳掃除といったお手入れは変わらず必要なのだとぜひお含みおきください。

愛犬の日常のお手入れは飼い主さんとのコミュニケーション時間

ただし、あくまでもトリミングサロンで全身のお手入れをするには月に1〜2回というだけであって普段の愛犬のお手入れは飼い主さんのお仕事です。

さすがに爪切りや被毛のカットはプロでも慎重になる施術ですので、それを飼い主さんに求めることはしませんしするのであれば正しい知識と技術を学んでいただかなくてはなりません。

その代わり日常のお手入れとして毎日もしくは2日に1回程度のブラッシングはぜひ取り組んでいただければと思います。

もちろんブラッシングも知識と技術が必要ではありますが、次回トリミングに連れて行くまでに毛もつれや毛玉を可能なかぎり作らないもしくは除去しておくことは、トリミング時間自体の短縮(少なくとも被毛の処理で長時間のお預かりを回避できます)や愛犬自身も被毛のトラブルを抑えることができるので、しっかりケアしてあげてほしいところです。

また、ブラッシングは単なる被毛のお手入れではなく愛犬とのコミュニケーションの時間だと私は考えています。

もつれや汚れを取ってあげたり櫛通りをよくしてあげたりしながら優しい言葉をかけ愛犬に触れるというのは、それだけで癒やされるものです。

そうした時間を作って触れ合うことで愛犬の異常の早期発見にも繋がりますし、毛もつれや毛玉ができる前にコミュニケーションとしてブラシをあてるので、結果として毛玉で愛犬も飼い主も苦労するといった大変な事態になる予防にもなります。

もしこれでお手入れをトリミングサロンにつれていく以外はやっていないとなると、当然抜け毛や汚れが被毛に絡みついて毛玉だけならまだしも皮膚ぎりぎりにフェルト状になってしまったり、そうなると皮膚が傷つくリスクを抱えた状態で根本からカットして除去しなければなりません。

そうすることで一番ストレスと負担・苦痛を受けるのは犬自身であり、ブラッシングなどトリミングが大嫌いになってしまう可能性も大いにあります。

そうなれば、最初は口輪と保定で抑え込みなんとか施術を遂行することができたとしても、犬にとってのネガティブな経験と感情は積もる一方です。

その先にあるのはいずれは手がつけられなくなりお断りされてしまう悲しい未来ですので、ぜひ普段から全身でなくても少しずつでいいので痛がらないよう丁寧なブラッシングをしてあげてください。

愛犬のQOL低下を防ぐために1ヶ月に1〜2回はトリミングに連れて行こう

愛犬を月に1〜2回トリミングサロンにつれていくことは愛犬の身体的QOLを維持・向上するために必要な手段です。

それ以上の期間が空いてしまうとよほど普段から飼い主さん自身でお手入れができない限りは、爪は伸び被毛は抜け毛や毛玉で覆われ足裏の毛でつるつる滑り目が毛で覆われて前が見えない…といったQOLの低下に繋がりやすくなります。

ぜひ、飼い主として愛犬のお手入れをコミュニケーションのひとつとして大事にしてみてください。

よく読まれている記事

-トリミング